バイト・転職

【医師の転職】理想の働き方を実現した私のおすすめの転職法とは?

医師 転職 おすすめ

お疲れ様です!

医師経験年数的には中堅にあたる私はこれまで一度も医局に属さずフリーで2回転職を経験しています。経歴としては同年代の医師としては比較的珍しい部類に入るでしょう。

そこで今回お伝えしたいのは・・・

・転職して良かった点
・転職して失敗した点
・次転職するとしたらどうするか

2度にわたる転職の経緯や結果、そして得られた考えなどを書きました。

結論としては、自分の希望する条件を追求して転職は積極的にしようという話。

わたしの失敗談から特に強調したいアドバイスとしては

転職する際は医師向け求人サイトのエージェントサービスを使い倒そう!

ということです。

悩めるDr
悩めるDr
今の職場はイマイチ、転職しようかなー
Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
もっと希望する条件に合ったところを探せばいいんじゃないかな

どこの求人サイトを使うか迷ったらここの中から選べばok

【徹底比較】医師が稼ぐなら登録すべき求人サイト7選!【バイト・転職】

医師 バイト・転職 おすすめ 7選
【徹底比較】医師が稼ぐなら登録すべき求人サイト7選!【バイト・転職】現役医師で転職2度経験済みかつバイトを数多くこなす私が実際に利用・成約している求人サイトを厳選して5つ紹介。これで余計な手間や時間を費やさずに済むでしょう。...

私の経歴をカンタンにまとめ

背景として両親は非医者で普通のリーマン家系。
医学部卒業後は一度も医局に属していません。

市中病院で臨床研修
臨床研修先の病院で後期レジ
後期レジが終わり、そのままスタッフ
数年勤務して1回目の転職
数年勤務して2回目の転職

現在の職場環境は完全にホワイト

何しろ当直免除で、有給は取り放題ではないですがある程度は希望が通る。
収入面に関していえば、これまでで最も高給です。ウン千万とかではないですが。

まだベテランといえる領域にはありませんが、同年代の医師と比較してかなり恵まれた状態にあると断言できます。

どういった流れでこの待遇に辿り着いたか書いていきます。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
転職して良かった!

1回目の転職について

1回目の転職の目的は

・臨床経験を積みたかった
・別の病院で働いてみたかった

という軽い理由でした。
ただ理由としては後期研修医あるあるではないでしょうか?

“ずっと同じ病院にいると症例が偏ってしまう”
“その病院特有のルールが常識化してしまう”

がよく言われることですね。
そして謎の外に出ないといけない強迫観念に憑りつかれるようになります。

今考えると現状の環境に満足しているのであれば無理して移動する必要はないと思いますが当時は同年代の医師全体に同じようなマインドとして共有されていました。

悩めるDr
悩めるDr
みんながそうしてるから・・・というのはつい取ってしまいがちな行動だよね

私が1回目の転職をするために取った行動は?

1度目の転職時に私がとった行動です。

自分の経験したかった症例のありそうな病院を自力で見つけて病院見学などをして全て自分で探すという方法をとりました。

ちょうど自分の診たい症例がそれなりにある病院がありました。
所属長は勉強会などで面識があったので、面接に赴くといたく歓迎されてそのまま入職という流れでした。

今考えると有り得ないのですが、給料などの条件を詳しく聞かずにさらっと聞いた程度。
当時は独身ということもあり、給与面を重視していなかったのですが、それにしても無頓着すぎた。

もちろん後で後悔しました・・・。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
一言でいうと浅はかでしたね・・・

1回目の転職で良かった点

①診たかった症例は経験できた。
②経験値の少なかった手技は行えた。

良かった点についてはこの通りで目的を達成したとは言えます。

ただ実際には豊富に経験できたわけではなく、こんなものかとちょろっと経験できた程度。無理して移動してまで達成したいことではなかった。

ただ自分が本当にしたいことは何だったのか?とよく考えるきっかけになりました

ここが2回目の転職に繋がり、現在の満足する職場に繋がっていますので1回目の転職もきっと必要なことだったのだなと感じています。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
自分が何を重視して働きたいのかが大事ですね

1回目の転職で後悔した点

①「医者として症例経験を積みたい」という思いを重視しすぎて、条件面を精査しなかった。
②職場環境が悪化した。

みなさんが見たいところは後悔した部分でしょう。

当時は独身だったということもありますが、仕事としての希望を重視していてあまり給料がどうとかを意識していませんでした。
最低限あったらそれでいいかという奴隷マインドがいつの間にか自分の脳みそにこびりついてしまっていたようです。

職場環境が悪化したというのは一言でいうと上司がワンマンゴリゴリ系だったので、辛かったということです。

要は1回目の転職は給料などの条件面が悪化する上に職場環境も悪化するというミステイクを犯してしまっていました

しかも経験していなかったわずかばかりの症例を取るためだけに・・・。

悩めるDr
悩めるDr
これは辛いね

1回目の転職でこうすれば良かった!と思う点

1回目の転職でこのような失敗を犯した原因は、リサーチ不足にあります。

自分ひとりで仕事に追われる中でなんとか時間をとって見学行ったり調べたりということをしたので完全に情報が不足していました。

しっかり探せば、もっと希望条件に合うところはあったでしょう。

これについては個人的にはすでに答えは出ています。
医師向け求人サイトで行われている「エージェントサービス」を利用するべきでした

エージェントサービスとは・・・

多忙な医師が細かい条件交渉などを複数の病院と行うのは厳しいことから各サイトで広く採用されています。

希望する条件にあった案件の検索から面談調整や条件交渉などを選任の担当者が代行するという忙しい我々医師にとっては非常にありがたいシステムです。

もちろんどこのサイトでも無料で依頼できます。

ちなみにエージェントサービスは転職での常勤の勤務先を探すときだけでなく、スポットバイトや非常勤バイトを探すときにも利用することができます。

気になる方はまずバイトでどういうサービスなのか体験してみるといいでしょう。

私は以前非常勤バイトを決めるときにエージェントサービスで非常にお世話になったこともあり、「転職時にこのサービスを利用しておけばよかった」と心の底から思っています。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
みなさんは積極的に使いましょう

 

特に転職・定期非常勤バイトの場合などは契約に至るまで時間もかかりますし、細かい条件の確認が必要です。

第三者視点からみて契約内容に問題がないかなどの確認もできます

当時の私がそうでしたが、給与などのお金の面の条件って聞きづらいですよね。

病院見学しにいったときに所属科のトップから給与面などの条件説明もありましたが、偉い先生にお金のことを何となく聞きづらい気がして聞けなかった苦い思い出があります。
(もちろん契約のことなので絶対に聞くべき)

「エージェントに依頼していれば聞きづらいお金の面の確認もしっかりできたよなー。」と振り返ってしまいます。

この記事を読んでいる方はエージェントサービスを利用して1回目の転職時に私が犯してしまった失敗は回避できるでしょう。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
1度失敗してるので言える、エージェントサービスは本当に利用すべき

 

2回目の転職についてはたまたまうまくいった

2回目の転職についてはブラック上司の影響で転職して間もなくから考え始めていました。人間関係以外にも労働環境として納得いかないようなこともあったので。

そんな感じでもやもやと過ごしていたところに以前の職場の先輩から別の病院へのお誘いを受けました。条件は良く、すでに職場に嫌気がさしていた私はすぐに転職を決めました。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
もう辞めます!

1年で退職することについては当時の上司から文句を言われたり、残るように圧力をかけられました。
が、断固拒否して現在の職場へと2度目の転職をしました。

結果的にこの選択は大成功でした。

ただ完全に運が良かっただけです。
現在の職場がこのままホワイトであり続けるのかは不明ですし、私が追い出される可能性もゼロではありません。

今の地に安住することなく、また転職するとなったときにどうするかということは常に考えておかなければならないでしょう。

悩めるDr
悩めるDr
先のことは誰にもわからないものね

現在の職場について。次に転職するとしたらどうするか?

医局にも入っていなくてフリーで辺鄙な病院?で働いています。

同世代の医師と比較した場合にアウトローな経歴で珍しいとは思いますが、求めているものを得られているので全く問題ありません。

いわゆる医師としての出世やら名声やらには全くの無縁ですが、そこはトレードオフでしょう。
誰も選択しない道だからこそ労働強度やストレスがあまりなく、そこそこの給料が得られています。

今後どうなるかはもちろんわからないのですが、転職はすでに何回かしている状態なので特に心配になることもありません。

自分の真に希望する条件は何か?ということは突き詰めて考えて、そこだけはぶれないようにしたいですね

もし次に転職を考える状況がくれば、エージェントサービスは利用してじっくり選びたいと思っています。

悩めるDr
悩めるDr
私もエージェントサービスは利用してみようかな

わたしは当直がイヤだったので当直がない現在の職場にきたという話

【当直つらい】10年目医師が当直イヤすぎたのでもうやめた話をしよう

まとめ

これまで転職を2回してきた私の経験談やそれにまつわる失敗談について話した。
転職する際は医師向け求人サイトのエージェントサービスの利用を勧めます。

医師が手っ取り早く稼ぐには「バイト」があります。
けどバイト探すのって面倒くさくないですか?僕たち医師には時間がありません。
できるだけ効率的に、素早く、条件のよい案件を探し出すことが重要です。

そこで現役医師である管理人ぜろえんが、実際に利用して契約にも至った医師向け求人サイトを厳選して7つ紹介します。

この7つのサイトはいずれも無料です。親身にサポートもしてくれます。日本の医師の3人に1人が参加しているサイトもあります。登録しておけば求人案件を探すのに余計な手間や時間を費やさずに済むでしょう。

いい条件で契約して、お金を稼いで、あなただけの良き医師ライフを過ごしましょう!!

今すぐ読んでみる
>>絶対に登録しておくべき医師求人サイト7選