バイト・転職

医師でありながら時間に余裕のある平穏な暮らしを手に入れられた理由とは?

医師 時間 余裕 暮らし

医師の先生方は現在の働き方に満足していますか?不満を抱えながら働いている先生も多いですよね。

私は医師という仕事は好きですが、「24時間医師であれ」的な全てを患者さまに捧げるみたいな精神は持ち合わせていません。医師という仕事より自分の人生の方がはるかに大事だと考えています。(もちろん与えられている仕事はきちんとこなしますよ)

自分が何を重視しているかをよく考えた末に行った「ゆるふわ医師転職」でQOLは劇的に改善しました。具体的にいうと時間やお金に余裕があり、家族とゆっくり過ごすことが存分にできています。

やりたいことをやるのも大事ですが、「やりたくないことをしない」というのも大事じゃないでしょうか。

そんな私のゆるふわ転職に至った経験を書いていきます。
ちなみにゆるふわ転職に至る前に行った転職では普通に失敗していますw

単にゆるふわ転職をして良かった点だけでなく、反省点や今後に活かしたい点もあるので、少しでも先生方の参考になれば幸いです

悩めるDr
悩めるDr
今の職場が辛い。どうしようかなー
Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
自分がどういう働き方をしたいのかよくよく考えてみるといいんじゃないかな

2回にわたる転職の具体的な面を記事にしています。

医師 転職 おすすめ
【医師の転職】理想の働き方を実現した私のおすすめの転職法とは?医師経験年数的には中堅にあたる私はこれまで一度も医局に属さずフリーで2回転職を経験しています。経歴としては同年代の医師としては比較的珍しい部類に入るのではないかと思われましたので、転職した経緯やそこから得られた考えなどを話します。結論としては、自分の希望する条件を追求して転職は積極的に行っていいじゃんということです。 また転職する際には医師向け求人サイトのエージェントサービスを積極的に利用してしっかり情報収集した方がいいです。...

ゆるふわ転職に至るまでの医師生活について

研修医から現在に至るまで一度も医局には所属したことがない野良医師です。
ずっと民間病院で勤めてきましたが、2回転職をして現在に至ります。

現在の職場に至るまでは内科医としてあくせく働いてきました。
特別仕事ができるタイプではないですが、それなりには働くことはできて周りとも軋轢なくやっている人間です。多くの内科医の平均値よりは高い労働強度であったと思います。(多分)

入院患者は20-30人くらいで外来は週二で当直は月2-3回で明けはそのまま日勤で・・・というような。
周りよりたくさん働いていたということは全然ないと思いますが、こんな感じでした。

で、段々思うようになったのですが結構しんどくないですか?
肉体的にはもう10年以上やっている仕事なので慣れてはいるのですが、土日も仕事に行くことがほとんどだし当直はしんどいし、当直明けはもっとしんどいし、
オンコールもあるし・・・。

特に転機だったのは、子供が生まれたことでした。
子供ができても子供と一緒に過ごせる時間が少ないんですよね

初めての子供でめっちゃ可愛いのに、可愛い時間も限られているのに、一緒にもっと居たいのに居られない。仕事は別に嫌いではないけど、特別好きでもないのに何やってるんだ俺は?と思うようになりました。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
自分が何を最も求めているのか真剣に考えました。

医局には入らずに生きてきたし、職場もうまくいっていないわけではないけど元よりずっといられるところでもない。口約束で数年はいますとボスには言っていたけど、契約は単年でした。

最終的には別に無理して皆と同じような働き方にする必要ないんじゃね?という結論に至りました。

当直が嫌なら当直がないところにすればいいし、オンコールが嫌ならオンコールがないところに行けばいいし、休みがしっかり取りたいなら休みがしっかり取れる場所を見つければいいじゃんという至ってシンプルな考えです。

そう考えたら気楽になりました。
ちょうどその考えに至ったときに誘いを受けて現在の職場に来ることになりました。

悩めるDr
悩めるDr
いやだいやだと思いながら働くのは辛いよね

1回目の転職は失敗、2回目の転職はゆるふわで現在に至る

現在の職場に転職する前に一度転職をしています。
ただこれはあまり意味のない転職でした。ぶっちゃけ失敗でした
目的としてはまだ積んでいない症例を経験することでしたが、今考えるとただの自分への建前だったと思います。

研修医のときから同じ病院にいたので、周りの同期が医局に入ったり、その他の病院に移ったりを見ていて、自分も何となくそうしないといけないのかなと流されていただけでした。

さらに情弱だったと思うのですが、自分の知っている範囲の病院だけで自らリサーチして見学にいって労働環境や契約条件も精査せずに決めるという非効率的バカな転職をしてしまいました。

たまたま科の雰囲気や周りの医師の人柄はよく救われたところはあるのですが、労働環境や収入といった面では転職前より悪化するという悪手となりました。

ただ1回目の転職に失敗して、反省することが多々あって、自分の仕事に求めるスタンスが確立したという面で今となっては得たものは大きかったのかなと思います。

2回目の転職ではたまたま以前の上司の先生に誘ってもらった経緯で自分の求める条件をおおよそ満たしているオファーだったので、条件面での詳細は今度はしっかりと確認してチャンスと判断してオファーに乗ることができました。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
1回目の転職で失敗したからこその2回目の転職があったのかも

ゆるふわ転職を果たした現在の生活について

現在の生活についてですが、勤務時間は変則的なものになっていますが週休3日としています。当直はなしで、オンコールもなし。有給は法定通りに取得できます。有給については代診を立てる必要があるのでどこでも取れるわけではないですがある程度前から決めておけば調整がつきやすくなります。

年収は勤務医としては標準的なレベルです。労働強度としては同世代医師の平均以下と思います。

ざっくりとした条件はこの通りですが、どう思いましたか?
収入としてはもっと稼いでいる先生は多いと思いますが、自分の求めていた家族との時間がしっかりとれることや当直やオンコールがないことは非常に大きいと感じています

もちろん医師としてバリバリ働いてキャリアを積んでいきたいと考えている先生にとっては全く適さない職場でしょう。

しかし自分のように仕事として医師を選んでいるけど、医師という仕事に人生の全てを捧げるなんてのはまっぴらだと考えている先生にはこういう転職もあるんだよ、という選択肢の一つとして提示したい思いです。

まさしく、「医師のゆるふわ転職」ですね。「意識低い転職」とも言い換えられます。
実際僕のような思いを抱えてはいるけど、動けずに疑問を抱きながら働いている先生は多いのではないでしょうか?

悩めるDr
悩めるDr
そういう働き方もあるのかー

これまでの転職における反省点と今後の活かし方

1回目の転職で失敗した点については先ほど述べましたが2回目の転職時とこれからについても考えたいと思います。
2回目の転職はラッキーでオファーを頂きまして、おおむね満足して現在も働いています。

ただもちろん現在の雇用契約が継続されない可能性もありますし、私自身も環境を変えたいと思うことがあるかもしれません。
そのためいつでも転職してもいいように準備しておくことが大事でしょう

2回目の転職での反省点は、1回目の時と同様ですが広くリサーチしていなかったことです。(以前の上司の仲介だったこともあるのですが)
もっと探せば現在の職場よりもいい条件での案件はあった可能性はあります。

現在は経験年数が上がり、転職した当時より資格なども増えているので、年収面での上乗せを狙えるかもしれません。年収は上がったものの労働強度が増してしまえば本末転倒なので注意ですが。

当時は知りませんでしたが、医師向けの転職サイトに複数登録してエージェントに仲介をしてもらうという方法があります。次に転職する際は積極的にこのサービスを利用したいと思います。

エージェントを使えば、効率的に広くアプローチして自分の条件に合った中で選択することができます。病院との交渉なども仲介していただけるので、独力で全て行うより広く情報を集められる上に負担も少ないでしょう

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
転職時だけでなくバイトを探すときにも利用できるよ、無料でね

実際にエージェントサービスを利用した体験談

実際にエージェントサービスを利用して定期非常勤バイトの成約に至っていますが、非常に助かりました。
具体的には案件の複数提示(はじめ希望しているところはすでに募集終了しており対案を頂いた)や病院との交渉事(勤務時間や交通手段についての相談)を
していただいたことです。面接の日程調整などもしていただきました。

そのときの詳細はこちらの記事で紹介しています。

https://zero-doctor.com/archives/74

私の希望が通ったのもありますが、ちょうど忙しくしていた時期だったので代わりに病院と交渉してもらえてかなり助かったのを覚えています。私より忙しくしている先生の方が多いと思いますし、エージェントサービスはおすすめです。

医師向けの求人サイトで自分で検索している方は多いと思いますが、積極的にエージェントサービスを利用している先生はまだ少数ではないでしょうか?

転職は定期非常勤バイトよりも精査して慎重に選ぶ必要がありますので、転職検討時にはぜひ利用したいと考えています。

悩めるDr
悩めるDr
私もサイトに登録して利用してみよう

まとめ

医師が実際に「ゆるふわ転職」をして、QOLが劇的に改善した。

医師が手っ取り早く稼ぐには「バイト」があります。
けどバイト探すのって面倒くさくないですか?僕たち医師には時間がありません。
できるだけ効率的に、素早く、条件のよい案件を探し出すことが重要です。

そこで現役医師である管理人ぜろえんが、実際に利用して契約にも至った医師向け求人サイトを厳選して7つ紹介します。

この7つのサイトはいずれも無料です。親身にサポートもしてくれます。日本の医師の3人に1人が参加しているサイトもあります。登録しておけば求人案件を探すのに余計な手間や時間を費やさずに済むでしょう。

いい条件で契約して、お金を稼いで、あなただけの良き医師ライフを過ごしましょう!!

今すぐ読んでみる
>>絶対に登録しておくべき医師求人サイト7選