医師なら会員登録するだけでポイントがもらえる!

~こんなお悩みありませんか?~

  1. バイトする暇がない
  2. バイトするのが疲れる
  3. スキマ時間が多い
  4. 収入が減った
  5. 楽なバイトが見つからない
私はすべてのサイトに登録済み

\数分で完了!/

無料登録でポイントをもらう

登録したサイトでポイント稼ぎやバイト探しもできます

 
お役立ち情報

HOKUTO(医師向け臨床支援アプリ)を紹介!特に研修医におすすめ!

HOKUTO アプリ 紹介

医師をしていると覚えておかないといけないことや調べないといけないことがどんどん出てきて困りますよね。

そんなときに知りたい情報をすぐ引き出せる便利なアプリがあれば・・・と思ったことはありませんか?

「覚えることが多すぎるから便利なメモアプリを知りたい。」
「臨床で使える便利なアプリを探している。」
「白衣の持ち物がいっぱいなのでどれか一つにまとめたい。」

こんな悩みを解決できる【HOKUTO】という無料の医師向け臨床支援アプリを紹介します。

実際に私も使っているアプリですが、ガイドライン・薬剤情報・抗菌薬(腎機能計算機能付き)・計算ツール・診断/治療(MSD)・UpToDate/Pubmedが同一アプリ内で検索できるので非常に便利。

アプリ内で検索したものはコピペしたり、スクショしたりしてノートとしてまとめることができるので、特に覚えることが多い初期研修医の先生にはおすすめできます。

今なら紹介キャンペーンが増額中で医師の知り合いを紹介登録すると、5,000円分のAmazonギフト券(2,500円分×2)が紹介者にプレゼントされます。

アプリ自体も無料なので、気になった方は登録してみましょう。

わたしの紹介でよければ下のボタンからアクセスして新規会員登録時に招待コード【RHM7G】を入力すればok。Amazonギフト券(2,500円分)は到着次第送りますのでメールかTwitterのにてご連絡ください。

すぐにできる!
新規会員登録で2,500円分もらう

シリアルコード【RHM7G】で登録!

HOKUTOは無料で使える医師のためのアプリ

HOKUTOとは、医学生向けメディアHOKUTO residentや医師向けアプリHOKUTOを運営している会社です。

公式HPはこちら

今回紹介するのはHOKUTOの出している医師向けの臨床支援アプリです。アプリ名もHOKUTO。会社代表の名前が北斗なんですね。

どんなアプリかというとガイドライン、薬剤情報、抗菌薬(腎機能計算機能付き)、計算ツール、診断・治療(MSD)、UpToDate、論文(Pubmed)が無料で検索できます。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
無料で使えるアプリなので入れておいて損はないでしょう

HOKUTOの臨床で使える機能を紹介

HOKUTO アプリ TOPHOKUTOのHOME画面はシンプル

HOKUTOのUIはシンプルで非常に分かりやすい。
アプリを立ち上げると上の画像のようになっています。

検索バーに知りたいことを打ち込んでもいいし、7つあるアイコンをクリックしていき、欲しい情報を見つけにいってもいい。

シンプルなので直感的に扱えます。

HOKUTOはガイドラインと薬剤情報の串刺し検索ができる

HOKUTOのHOME画面から検索するHOME画面の検索から「シムビコート」で検索してみた

ガイドラインと薬剤情報の串刺し検索ができるのが便利。

アプリのホーム画面一番上にある検索バーにキーワードを打ち込めば、検索でHITしたものを表示できるので、すぐに横断的に調べることが可能です。

上の画像はHOME画面で「シムビコート」と検索したときのものですが、薬剤情報で2件HITしています。該当事項があれば、ガイドラインや計算ツールからもHITとなります。

後で説明しますが、ポストやノートからは検索されません。

悩めるDr
悩めるDr
検索するキーワードについて広く知りたいときは便利だね

HOKUTOで薬剤情報を調べる

HOKUTO 薬剤情報薬剤情報を調べれば、実際の薬剤の色や形もわかる

薬剤情報では薬剤名を検索して、調べることができます。

最近出た薬もカバーされていますので、HOKUTOがあれば今日の治療薬は必要なくなりますね(今日の治療薬は買うと数千円はします)。地味に役に立つのが薬剤の画像を確認できること。

上の画像のように薬剤がどんな形や色をしているかすぐに分かります。タブを変えれば後発品情報も入っています。

患者に薬の外見のことを言われても分からないことも多い(後発品が山のように出ていると把握しきれませんよね・・・)ので、薬剤情報を検索してすぐに確認できるのはありがたい。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
薬の剤形をすべて把握するのはなかなか難しいので簡単に調べられるのは助かります

HOKUTOで抗菌薬の投与量を調べる

腎機能障害の方に抗菌薬を処方するときには腎機能に応じて抗菌薬を減量する必要がありますが、その投与量や投与間隔を調べることができます。

サンフォード感染症治療ガイドライン2020が出典先となっているので、安心して使えます。腎機能障害時の用量調整を参照する目的でサンフォードを買っている人はもう買わなくていいかもしれませんね。

サンフォードが更新されたときにHOKUTOがすぐに対応してくれるのかは気になるところ。

悩めるDr
悩めるDr
腎機能障害があるけどどれくらい抗生剤を減量したら良いんだっけな?
Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
抗菌薬のページから使いたい抗菌薬の減量用量を調べられるよ

HOKUTOで計算ツールを使う

HOKUTOで一番使えると感じているのがこの計算ツール。

医学の分野では~~スコアとか~~スケールというのが星の数ほど存在していますが、HOKUTO内に各科ごとにまとめられています。

Yes/Noはもちろん、選択式のところも表示されるようになっているので、覚えていなくてもきちんと計算できるようになっていて便利

検索することもできるので、参照したいスコアがあれば検索してみましょう。

よく使う表・計算式はお気に入りに入れておくこともできますよ。

また同じように医師が使う表・計算ツールが提供されているアプリとしてM2PLUSがあります。

数としては圧倒的にHOKUTOの方が充実しています。ただM2PLUSは電子書籍を持ち運ぶのがメインのアプリなので、HOKUTOの代わりにするものではありませんが。

M2PLUSについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

M2PLUSで医学電子書籍を購入!使い方から気になる点まで詳しく解説!

HOKUTOでガイドラインを見る

HOKUTOでは無料で発表されているガイドラインを閲覧することができます。

非専門分野などでガイドラインを参考にしたいときには助かりますね。

ガイドラインの項目から検索できるので、調べたい疾患があれば検索してみましょう。
履歴も残りますし、付箋をつけておくこともできるので、振り返りしたいときにも便利。

さらに気になるところがあれば、UpToDate/Pubmedで深掘りしましょう。

悩めるDr
悩めるDr
多くのガイドラインがまとめられているからすぐに調べられて便利だね
Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
一旦ページを開いておけば次からはDLせずにすぐに開けるよ

HOKUTOからUpToDate/Pubmedにアクセス

文献を調べるときにUpToDate/Pubmedは定番ですね。

HOKUTO内でUpToDate/Pubmedに直接飛ぶことができます。

HOKUTOで調べ物をしているときにもっと詳しく知りたい情報が出てくれば、HOKUTO内からそのままUpToDate/Pubmedに飛べるので手間が減ります。

悩めるDr
悩めるDr
もっと詳しく知りたいことが出てきたらUpToDate/Pubmedにアクセスして調べればいいね

HOKUTOの診断・治療

正直ここはあまり使う機会はありません。

HOKUTOの診断・治療アイコンをクリックするとMSDマニュアルプロフェッショナル版の公式サイトに飛びます。

HOKUTOのノートは特に研修医のメモアプリとしておすすめ

HOKUTO ノート↑のようにガイドラインをスクショしてコメントをつけて貼るだけでノートになります。

HOKUTOにはノート機能があります。

調べたことをまとめたり、覚えておきたいことをメモったり自由にノートにしておけば後でカンタンに見直すことができます。PCからもアクセス可。

自分で作ったノートを検索できるので、HOKUTOで調べたことを自分用のメモ帳として活用したい先生には便利。

HOKUTOで調べたものをコピペしたりスクショを貼るだけなら大した手間はかかりませんしサクサク動くので、カンタンなメモ代わりとしても使えます

覚えることが多い初期研修医の先生には有用じゃないでしょうか。
一つのアプリで完結できれば、自分だけの医学用ノートを作るのにGoogle keepやEvernoteより使えるかもしれません。

以前はノートの共有は不可でしたが2021年7月のアップデートでノート編集機能の強化ノートの共有・共有ノートの保存ができるようになり、より使えるようになっています。

悩めるDr
悩めるDr
自分だけのまとめノートとかメモを簡単に作れてすぐに見直せるから便利な機能だね

HOKUTOのポストは医療版SNS

HOKUTO ポストポストは各科ごとに用意されている。検索も可。

ポストは各診療科における専門の先生があるトピックについて投稿するいわば掲示板。

投稿にはコメントをつけたり、いいねを押したりでき、医療版SNSのようになっています。シェアもできるので、気になる投稿があればその他のメディアとリンクさせることができます。

HOKUTOはまだ若いメディアのため投稿している先生が限られており正直まだコンテンツとしては貧弱ですが、今後色んなDrが登場しにぎわってくれば面白いコンテンツになるかもしれませんね。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
もっとコンテンツが充実してくればいいですが、今はあまり使いませんね

HOKUTOの招待コードをつかって友人を紹介しよう

HOKUTOはGooglePlayストアAppStoreから無料でDLできます。

DLして会員登録すればもちろん使えるのですが、紹介登録を使うこともできます。

もし周りにHOKUTOに興味を持って使ってみたい医師の知り合いがいれば、招待コードをつかって紹介しましょう。

HOKUTOでは医師の知り合いを紹介登録すると、3,000円分のAmazonギフト券(1,500円分×2)が紹介者にプレゼントされます。

1,500円分が2枚というのがポイントで知り合いに紹介してもらえば、ギフト券を1枚ずつ分けられるので、お互いWin-Winになります。

ちなみに現在はキャンペーン中で2,500円×2枚のAmazonギフト券がもらえます

わたしの紹介でよければココからアクセスして新規会員登録時に招待コード【RHM7G】を入力すればok。Amazonギフト券(2,500円分)は到着次第送りますのでメールかTwitterのにてご連絡ください。

まとめ

【HOKUTO】という無料の医師向け臨床支援アプリを紹介!
ガイドライン・薬剤情報・抗菌薬(腎機能計算機能付き)・計算ツール・診断/治療(MSD)・UpToDate/Pubmedが同一アプリ内で検索できるので非常に便利。

今なら紹介キャンペーン中で医師の知り合いを紹介登録すると、3,000円分のAmazonギフト券(1,500円分×2)がもらえますよ。

医師 ポイ活 ポイントサイト医師であることを利用してカンタンに稼ぐ方法があります。

それは医師のポイ活です。

いわゆるポイ活と違い、医師のみを対象としているサイトを利用するため驚くほど高単価に設定されています。

そこで当サイト管理人ぜろえんが9つのポイントサイトについて登録の仕方から効率的な稼ぎ方まで詳しく紹介しています。

これらのサイトは実際に管理人ぜろえんが利用し、2020年は27万円を稼いでいます。

バイトを詰めこみ稼ぐのもアリですが、医師のポイ活でせっせと楽して稼ぎましょう。

今すぐ読んでみる
>>絶対に登録すべき医師のポイントサイト9選