MENU
この記事には広告を含む場合があります。 このサイトのページには「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮しコンテンツを制作しておりますので、ご安心ください。
エポカマーケティングに登録しよう
   

\数分で完了!/

調査協力で情報提供料をもらう

ぜろえんも登録しています

 
お役立ち情報

【開業医必見!】集患の悩みやコスト削減、これでスッキリ解決します!

開業医の悩みを解決
悩めるDr

開業してから悩むことばかりだけど相談する人がいない。
クリニックでかかる費用のコストを削減したい。
SNSしたことないから運用が分からない。

この記事を読むと、上記の悩みや疑問が解決できます

開業医の皆さん、クリニック運営の日々は想像以上に大変ですよね。特に『集患』や『コスト管理』は永遠の課題・・・。

そんな中、ある医師の悩みを聞く機会がありました。

「患者さんが来ない」「広告費がかさむ」…共感せずにはいられませんでした。

そこで見つけたのが【OneMedicalTeam】と【SNS集患支援サービス】。

これらがどう開業医の悩みを軽減し、クリニックを繁盛させるのか、詳しく掘り下げてみます。

この記事を読めば、あなたのクリニックも次のステップに進むヒントが見つかるはず。さあ、一緒に悩みを解決の糸口を探しましょう。

悩めるDr

消化器内科医師として12年目・開業1年目の医師です。

親から受け継いで開業したばかりです。

開業1年目の医師として色々な苦労があります。

自分の診療所を持つという夢を実現したものの、想像以上の困難が待ち受けていました。

特に、コスト削減SNS集患に苦労しています。

Dr.ぜろえん

こんにちは。 【ゼロから始める医師生活】というブログやTwitterで医師のポイ活やバイト/転職情報などを発信しているぜろえん(zeroen_doctor) です。

開業医の皆さん、集患やコストの壁に直面していませんか?

今回話を聞いた開業医の先生も同じ悩みを抱えていました。

そこで紹介したいのが『OneMedicalTeam』と『SNS集患支援サービス』。

これらがどのようにして開業医の苦労を軽減し、クリニックを盛り上げるか、紹介します。

この記事が、あなたのクリニック経営に新たな風を吹き込むきっかけになれば幸いです。

さっそく申し込みをしたい方はこちら。

どちらのサービスもぜろえんの紹介でスムーズに登録できるので、シリアルコード【0006】をつかって登録してください。

すぐにできる!
One Medical Teamに登録する

シリアルコード【0006】で登録!

開業してからの悩み

開業するまでは、市中病院・大学病院に勤務していましたが、自分の診療に迷った時はすぐ誰かに聞くことができました。

しかし、開業した今ではそれはできません。

診療のことは何とかなるとしても、経営や集客のことは自分一人ではできません

そのため、コンサルタントなどに相談する必要がありますが、相談する際にはどうしてもお金のことを考えなければいけません。

悩めるDr

開業1年目の医師というのもありますが苦労は多いのです。

そんな中で四苦八苦しながら毎日診療に励んでいます。

Dr.ぜろえん

ここで紹介したいのが、開業医の悩みを解決できる『OneMedicalTeam』と『SNS集患支援サービス』というサービス。

OneMedicalTeamは悩み丸ごとを相談・解決してもらえます。

ただし、その分費用としては高額になります。

SNS集患支援サービスはSNSの集患に特化していますが、費用は月額2万程度なので利用しやすくなっています。

One Medical Teamで悩みを解決する

One Medical Team

ドクターズ株式会社が提供する『One Medical Team』というサービスは、医療機関の抱える悩み(増患・定着化、広報・宣伝など)に対して、ワンストップで解決策を提供するものです。

ドクターズでは、700名超の著名な現役医師とパートナーシップを組んでおり、当ブログ読者の方で知っておられる方もいるかもしれません。

ちなみにドクターズは当ブログでも紹介しているドクターズネクストも運営されています。

(※)Doctors Station®はオンライン病院プラットフォーム のこと
全診療科に対応した次世代のデジタルホスピタルをオンライン上に構築。患者向け、企業向け、医療機関向けにて医師を活用したオンライン医療支援サービスを簡単かつスピーディに構築できるSaaS型サービス。

ぜろえんの紹介でスムーズに登録できるので、シリアルコード【0006】をつかって登録してください。

すぐにできる!
One Medical Teamに登録する

シリアルコード【0006】で登録!

ネット集患支援に特化してサポートをしてもらう

ネット集患支援サービス

クリニック・診療所のためのネット集患支援サービスは、クリニック運営に必須のネット対策をまとめて引き受けてくれる集患支援サービスです。

最新のネット集患のテクニックを駆使し、集患につながる様々なサポートをしてくれます。

ぜろえんの紹介でスムーズに登録できるので、シリアルコード【0006】をつかって登録してください。

開業医に聞いた悩ましいコスト問題とその解決策

悩めるDr

開業してからというもの先が見えない出費に頭を抱えることばかり。

診療器具や設備にお金をかけたいところではありますが、限界があります。

何とかして効率よくコスト削減しながら経営したいところですが・・・。

医療機器をどうするか

最新の医療機器があれば診断の精度が上がり、患者さんにとっても安心です。

しかし価格は当然高くなります。

最近の事例でいうと、経口ではなく経鼻の内視鏡を受けたいという患者さんの声が多くあったので、経鼻内視鏡の購入を検討しました。

OlympusのGIF-X290N(製造年式:2018年)を検討しましたが、見積もりを取ったところ、数百万円もしたため予算オーバーでした。

悩めるDr

中古機器を扱う「グリーンメディカル」や「内視鏡専門商社ピジョン」でも経鼻内視鏡を調べましたが、それでも100万円以上はかかる。

他メーカーであるFUJIの経鼻内視鏡も考えましたが、既存の設備との互換性の問題で、これも選択肢から外れました。

結局、手持ちのGIF-H260(製造年式:2009年)で対応するしかなく、購入を今回は見送りました。

診療所の設備をどうするか

小さいクリニックで、待合室の座席は10席しかありません。

ピーク時には患者さんが立って待つこともあります。

ただ座席を5席増やすだけでも、リフォーム費用は約200万円かかります。

他にも・・・

・古いレントゲン機の更新→約700万円
・薬剤庫の拡張→約100万円
・コンピューターシステムのアップグレード→約300万円

など、設備更新をするだけでもかなりの出費になります。

悩めるDr

先が見えない出費に頭を抱えることばかり。

何とかして効率よくコスト削減しながら運営しいていくことはできないだろうか。

Dr.ぜろえん

診療のことはなんとかなっても、経営や運用のことは自分一人ではできませんよね。

One Medical Teamなら、医療機関の現場に精通した専門家が支援します。

今回のケースでいえば、機器更新は最適な仕様適切な費用の割り出しなどを状況を見てもらいながら、提案してもらえます。

診療所の設備リフォームも、座席数を増やし来院数をどれだけ増加させるか薬剤庫を拡張してどう費用を効率化するかなどを踏まえながら相談できます。

大手の医療機器、医薬品の卸業者と提携しているので、必要な医療機器、医薬品等を公正な価格で提案してもらえるので安心です。

申し込みするなら、シリアルコード【0006】をつかって登録するとスムーズですよ。

どうやって集患するべきかというリアルな悩みとその解決策

開業医の集患の悩み

クリニックを引き継ぐまでは、他の県で市中病院・大学病院で勤務医をしていたため、勤務先の患者さんを連れてくることはできませんでした。

顔を覚えてもらうという意味合いも兼ねて、無料の健康相談を月2回実施していますが、それでも来院する新患者数は月に5人程度です。

広告にお金をかければ集患は増えるかもしれませんが、その分、出費も増えます。

もちろん広告を出したからといって100%集患につながるわけではありません

悩めるDr

患者さんから見て広告活動がしっかりしていると、『広告まで手が回るしっかりしている医者』という認識にもつながります。

逆に言うと、広告活動をしっかりしないと「この医者は本当に大丈夫なのか」などと思われる機会も増えるので、患者満足度が下がってしまいます。

バランスが本当に難しい・・・

SNS運用が苦手

SNSでの情報発信にも力を入れていましたが、Facebookのフォロワー数は300人に満たず、投稿に対する「いいね」は平均1~5件程度でした。

Instagramにも手を出してみましたが、こちらは客層が合わなかったのかフォロワー数や「いいね」の数もかなり少なかったので、すぐにやめました

私は、今までFacebookやInstagramで投稿は個人のアカウントでは、ほとんどしたことがありませんでした

どのようなことを投稿したらいいのかもわかりません

悩めるDr

看護師さんや受付の人に聞きながら、時折新しい機器の紹介などといったイベント毎の投稿をしていますが、これが正解なのかは未だに分からず・・・

勤務医時代の上司で開業している医師は、YouTubeに疾患の説明動画などをuploadしていますが、そこまでやる必要があるのか疑問に思っています。

SNS運用代行サービスの存在は知っていますが、日々の業務や経営で追われえる中で導入はしておらず・・・。

看板を出してみた

私のクリニックは県の都会の部分よりややはずれた場所にあるため、集客のために新しく広告として看板を出すことを考えました。

(車で町中を走っていると医師のイラストが書いた看板を見かけたことありますよね)

こちらはイラスト代が数十万円看板代も数十万円と払えない額ではありませんでしたので、思い切って行いました。

悩めるDr

知り合いの都会の開業医は、Google広告などのネット広告などを行っている人もいると聞きます。

都会で開業しているわけではありませんが、ネット広告を出すべきか悩みます。

Webサイトをリニューアルした

若い世代にアピールするため、ウェブサイトをリニューアルしました。

リニューアルといってもウェブサイトはないに等しかったので、デザインからシステムまで一新しました。

こちらはある専門業者に依頼しました。

初期費用は約20万円、月々のサーバーとメンテナンス費用に約6000円/月の支出になります。

悩めるDr

ネット関係に疎いこともあり、また時間とお金をかけることも気が進まずおろそかになっていました

ただ集患のことを考えるともっと真剣に検討すべきと考えています。

Dr.ぜろえん

SNSはどうやったらいいか分からないし、炎上してもこわいですよね。

ネット集患支援サービスで具体的にやってくれることを紹介します。

Facebook/InstagramのようなSNSの活用でいうと

・『いいね』や『フォロワー数』を伸ばすための記事制作や投稿支援
・投稿の拡散方法
・アカウントの運用方針設定
・プロフィールの書き方の提案(画像やプロフィール文)

などがあります。

申し込みするなら、シリアルコード【0006】をつかって登録するとスムーズですよ。

まとめ

開業医の悩みを解決する手段として、『OneMedicalTeam』と『SNS集患支援サービス』を紹介した。

医療トラブルや医療訴訟への不安は尽きませんよね。

万が一、訴訟に巻き込まれたら…

高額な賠償、精神的な負担、時間と労力の浪費…想像を絶する苦難があなたを待ち受けているかもしれません。

医師賠償責任保険は、そんな最悪の事態からあなたを守る最後の砦であり、加入することで得られる安心感は計り知れません。

  • 患者さんへの誠意ある対応に集中できる
  • 医療トラブルへの不安から解放される
  • 大切な家族や未来を守れる

備えあれば憂いなし。

あなたに最適な保険を見つけて、医療トラブル・裁判リスクから身を守りましょう!

今すぐ加入する
>>医師賠償責任保険のおすすめを見る

医師なら会員登録するだけでポイントがもらえる!

~こんなお悩みありませんか?~

  1. バイトする暇がない
  2. バイトするのが疲れる
  3. スキマ時間が多い
  4. 収入が減った
  5. 楽なバイトが見つからない
私はすべてのサイトに登録済み

\数分で完了!/

無料登録でポイントをもらう

登録したサイトでポイント稼ぎやバイト探しもできます

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です