医師なら会員登録するだけでポイントがもらえる!

~こんなお悩みありませんか?~

  1. バイトする暇がない
  2. バイトするのが疲れる
  3. スキマ時間が多い
  4. 収入が減った
  5. 楽なバイトが見つからない
私はすべてのサイトに登録済み

\数分で完了!/

無料登録でポイントをもらう

登録したサイトでポイント稼ぎやバイト探しもできます

 
お役立ち情報

医書.jpで電子書籍/電子ジャーナルを購入!おすすめの使い方も紹介!

医書.jp 使い方

医師のみなさんは電子書籍/電子ジャーナルを買いますか?

ITを駆使して医学書や論文を所有・管理したり、実際の臨床現場に活かせば、もっと効率的に仕事ができますよね?

Dr.ぜろえん

こんにちは。 ゼロから始める医師生活というブログやTwitterで医師のポイ活やバイト/転職情報などを発信しているぜろえん(zeroen_doctor) です。

「医学書の保管について困っている。」
「臨床現場でつかえる本をポケットにいれて持ち歩きたい。」
「医書.jpってどんなサイト?」

こんな悩みを解決するために、電子書籍・電子ジャーナル配信サービスである【医書.jp】を詳しく紹介します。

医書.jpで電子書籍を購入し、手持ちデバイスにDLしておけばいつでもアクセス可能!

特におすすめは医書.jpでiPad mini+Apple pencilをつかうこと。アプリ上で電子書籍に直接Apple pencilで手書きの書き込みができます。

医書.jpではケアネットでためたポイントをつかって電子書籍を購入することも可能。ケアネットは当ブログ推奨の医師特化ポイ活における主力サイトなのでポイントで医学書を買うことも難しくありません。

ケアネットにまだ未登録なら、紹介キャンペーンをつかって登録しましょう。

2022/11/24までの期間限定の紹介キャンペーン中で、紹介者には10,000pt/被紹介者には1,000ptがもらえます。

↓のボタンから登録すれば、わたしからの紹介扱いになるのでポイントがもらえます。

すぐにできる!
ケアネットに新規会員登録で1,000円分もらう

貯まったポイントは、ギフト券など10通りの交換先がある!

医書.jpで電子書籍を買おう

医書.jp 公式サイト
(医書.jpの公式サイトより画像引用)

医書.jpの公式サイトはこちら

医書.jpで購入した電子書籍・電子ジャーナルは、インターネット上でログイン後に閲覧することができます。

iPad ・iPhoneなどのiOS製品やAndoroid製品などの端末があれば、医書.jpのアプリをインストールすることで、アプリ上に書籍をダウンロードして、オフライン環境下でも閲覧が可能

医学書は分厚く、重いのでデバイス一つに詰め込むことができるメリットは大きい

紙の書籍の場合、臨床現場で携帯することは困難で、医局デスクの本棚に並ぶことになります。書籍を閲覧する場合は、デスクまで戻る必要があり、直ぐに欲しい情報にアクセスできないのが難点です。若手医師の場合1年~数年おきの異動も多く、引越しの度に荷物にもなります。

悩めるDr

医学書をたくさん買ったけど分厚いし重いし、持っておくだけでも大変だよ・・・

Dr.ぜろえん

医学書を電子書籍で持っておくと持ち運びも保存も楽になるよ!

医書.jpで電子書籍を買う方法

医書.jp商品の購入・利用には、会員登録が必要。会員登録はこちらから可能。

会員登録後に医書.jpのストアもしくは書店で、電子書籍の購入手続きをすることができます。

①医書.jpで購入する

医書.jp アプリ 購入方法
(「医書.jp」より引用)

注文する商品は、「カートに入れる」ボタンをクリック。ショッピングカート画面へ自動的に遷移します。
支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ払い、ATM払い、ネットバンキング払い、書店決済から選択できます。

領収書の発行は、支払い方法がクレジットカード決済、ATM(ペイジー)払い、ネットバンキングの場合に限られているので注意。

②書店で購入する

パートナー書店に6桁の会員番号、登録氏名、注文商品を伝えて、書店員が注文登録を完了すると、電子書籍が利用になります。支払いは書店で行います

悩めるDr

インターネット上でも書店でも買うことができるんだね

医書.jpのアプリ【isho.jp】について

医書.jpの専用ビューア【isho.jp】では上のように購入した電子書籍が本棚に並び、適宜ダウンロードして閲覧します。本棚ページの右上には検索窓があります。また、表示しているページへのアノテーション(マーキング、メモ、付箋、写真の添付など)を設定することができます

①の画像のように本棚内の電子書籍をキーワードで横断検索することもできます。

②は電子書籍内で実際にアノテーション(メモ、画像、マーカー)を設定した画像になります。

③ではApple pencilを利用しています。ペン先で画面を長押することでアノテーション機能が表示されます。マーカー、フリーハンド、メモ、写真添付機能が選択可能。Andoridでも同様のアノテーション機能はあります

④のようにアノテーションを消去する場合は右上のゴミ箱を選択します。

Dr.ぜろえん

isho.jpをつかって電子書籍を便利に利用することができるよ

医書.jpの法人向けサービスもある

医書.jpでは法人向けのサービスも存在します。所属している病院などで利用できる方もいるかもしれません。

各サービスの詳細は↓のリンクから確認ください。

医書.jpオールアクセス;最新の医学論文を配信遅延なしで提供する
医書.jp eBookアラカルト;自由な選書ができる電子書籍サービス

isho.jpアプリのデバイス間連携が便利

isho.jpアプリでは以下の様にデバイス間でブックマークやアノテーション連携させることができます

① iPadのアプリ上に書き込み。

医書.jp iPad 書き込み

② iPadのデータをバックアップ。

医書.jp iPad バックアップ

③ iPhoneにダウンロード。

医書.jp iPhone ダウンロード

④ iPadのアプリ上の書き込みが、iPhoneのアプリ上に反映される。

医書.jp iPhone ダウンロード後

注意点としては、インターネット上のビューアでは登録したブックマークやアノテーションをisho.jpアプリに保存することや、isho.jpアプリで保存したアノテーションを呼び出すことはできません。またPC版のアプリは存在せず、インターネット上で閲覧するビューアがあるのみとなっています。

悩めるDr

isho.jpでデバイス間連携がカンタンにできるのは便利

医書.jpではiPad mini×Apple pencilとの連携がおすすめ

医学書 電子書籍

医学書を電子化するのに紙の医学書を裁断・PDFファイル化する、いわゆる「自炊」の方法もありますが、裁断機、スキャナーなどの購入費用がかさむのと、医療書籍アプリ内での便利な機能(書籍間での連携、検索機能など)を利用できないというデメリットがあります。

おすすめは医書.jpで電子書籍を購入し、iPad mini+Apple pencilをつかうこと。白衣やスクラブのポケットにiPadを入れて、携帯するのです。

通常サイズのiPadはポケットに入りませんが、iPad miniであれば入ります。現在、iPad mini(第6世代)が販売されていますが、2019年モデルの第5世代でも十分機能し、第6世代よりも安価で購入できます。データの多くはクラウド上に保存するため、容量にはこだわらなくてよいでしょう。

Apple pencilは購入した電子書籍に書き込みを行う際に便利。 isho.jpでは直接Apple pencilで手書きの書き込みをすることができます。紙の本派の人にもおすすめできます


医書.jpとM2PLUSとの比較

医書.jp M2PLUS 比較

医書.jpと同様に医学系の電子書籍を販売しているサイトが、M2PLUS。(M2PLUSについてはこちらの記事で詳しく説明しています。)

インターネットやタブレット端末上で書籍を閲覧できる点は同じですが、いくつか相違点があります。印象としては専攻医以上を対象とした専門書籍や月刊ジャーナルは医書.jpの方が豊富にあります

しかしM2PLUSにはセールやキャンペーンがあり、金銭的な余裕がない初期研修医などにとってはメリットでしょう。

他にもM2PLUS専用のビューアアプリM2Plus Launcherには日常診療で使う【CCrの計算】や【血清Na補正の計算】などの計算機能が搭載。購入した電子書籍と今日の治療薬やイヤーノートとのリンク機能があり、連携・検索機能にも優れています。初期研修医時代は多忙な救急外来や病棟での業務も多く、素早く調べることができるM2plusアプリは重宝します。

ただM2PLUSで販売している電子書籍には【アプリケーション版】と【eBook版】があるのですが、アプリケーション版はApple pencilでの書き込みができますが、eBook版はApple pencilで書込ができません

iPadとiPhoneなど複数のデバイスで電子書籍を閲覧する場合、isho.jpであればデバイス間でブックマークやアノテーション(マーカーや書き込みなど)を連携させることができますが、M2PLUS Launcherではデバイス間でブックマークやアノテーションが反映されないというデメリットがあります。

アプリとapple製品の連携ならM2PLUSより医書.jpのほうが優れる

医書.jpでケアネットポイントが使える

医書.jp IDと医療ポータルサイトであるCareNet.comのケアネットポイントと連携させることで、ケアネットポイント1ポイント=1円分として、医書.jpの支払いで利用できるようになります。

連携は医書.jpにログイン後、サイト上部の「ポイント連携」を押すと、連携手続きが始まります。

医書.jp ケアネットポイント 連携
医書.jpより画像引用

詳しい連携方法についてはこちらを見てください。

ケアネットは当ブログが提唱している医師特化ポイ活においてメインとなるサイトの一つであり、そのポイントで医書が買えるのはかなりうれしい。

ちなみに同じ電子書籍・電子ジャーナル配信サイトであるM2PLUSは医療ポータルサイトであるm3.comと連携しており、m3で貯めたポイントを交換してM2PLUSでの電子書籍購入に充てることができます。

悩めるDr

医学書って高いから大変なんだよなあ・・・

Dr.ぜろえん

医書.jpならポイ活でたまったケアネットポイントをつかって医学書を買うことができるよ!

まとめ

初期研修医時代はセールやキャンペーンが充実し、即戦力のあるM2PLUS、後期研修医以降は月刊ジャーナルなど幅広く専門誌を取り扱っている医書.jpが適しています。

また複数デバイスの連携を重視するのであれば医書.jpのアプリを利用することをおすすめします。

医師 ポイ活 ポイントサイト医師であることを利用してカンタンに稼ぐ方法があります。

それは医師のポイ活です。

いわゆるポイ活と違い、医師のみを対象としているサイトを利用するため驚くほど高単価に設定されています。

そこで当サイト管理人ぜろえんが9つのポイントサイトについて登録の仕方から効率的な稼ぎ方まで詳しく紹介しています。

これらのサイトは実際に管理人ぜろえんが利用し、2020年は27万円を稼いでいます。

バイトを詰めこみ稼ぐのもアリですが、医師のポイ活でせっせと楽して稼ぎましょう。

今すぐ読んでみる
>>絶対に登録すべき医師のポイントサイト9選

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です