ポイント生活

ケアネットは医師が絶対に登録しておくべきおすすめサイト、その理由とは?

ケアネット おすすめ

お疲れ様です!

医師の先生方におかれましてはケアネットは利用されているでしょうか?ケアネットの名前はケアネットDVDなどでご存知かもしれませんね。

ケアネットの運営する「CareNet.com」では他の医療情報系サイトと同様にポイントシステムが導入されています。

登録は無料ですし利用するだけでポイントが貯まるので医師の先生は登録しておくべきです。医師のポイ活にとっても欠かせないサイトの一つですよ。

今回はケアネットでのポイントの集め方などについて説明しました。

悩めるDr
悩めるDr
ケアネットはDVDとかで名前を聞いたことある
Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
ケアネットでもポイントを貯めることができるので登録しておこう

ケアネットとは

公式サイトから引用

NEJM、Lancetなど一流ジャーナルの最新論文の解説記事、第一線臨床医が執筆、出演する診療に役立つ知識、ノウハウなど、医師・医療者が読みたい記事、見たい動画を日々無料でお届けしています。医療者から高い信頼を得ている会員制の医学・医療情報サイトです。

ケアネットは東証マザーズにも上場する大手企業です。医師の皆さんにはケアネットDVDなどでお馴染みですね。Dr.林先生シリーズが特に有名でしょうか?林先生シリーズに限らずですが勉強用に医局に置いてあることもありますね。


Dr.林の笑劇的救急問答15(上巻)/ケアネットDVD

ケアネットDVDは、2004年から続く、臨床の第一線で活躍する一流講師陣による臨床医学教育DVD教材シリーズです。CareNeTVでとくに気に入ったシリーズ、名作を手元に置いて繰り返し楽しむことができます。全国の主要医学書店、オンライン書店で販売しています。
大学や医療機関に提供している、集合研修に活用できる著作権処理済みの「団体向け」も販売開始以来、好評をいただいています。

(公式サイトから引用)

悩めるDr
悩めるDr
結構有名な企業だったのね

CareNet.comはポイント制を有する

ケアネットが運営する医療情報専門サイトです。
2019年6月末時点で会員数 305,993 名 医師会員 149,663 名と右肩上がりに会員数は増加しています。

CareNet.comは薬剤情報、論文や医学ニュース、医療者コラム、求人など様々なコンテンツを含むポータルサイトです。

そして他の医療系情報サイトと同様にポイントシステムを有しており、ケアネット内の特定のコンテンツを利用することでポイントが貯まります。

今回はそのポイント集めについて主に解説していきます。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
ケアネットの会員は右肩上がりで増えているね

ケアネットでのポイントシステムの詳細

まずケアネットではポイントアップという2種類のポイント制となっています。

「ポイント」は1ポイント=1円で交換できます。貯まったポイントはAmazonギフト券や日本赤十字社への寄付などに替えられます。

「アップ」は指定のプログラムを通じて会員が学習機会に接するたびに、獲得・累積されていきます。獲得したアップ数100upごとに、ケアネットから50ポイントが自動付与されます。

TOPページ右上に表示されている獲得済みアップ数は、その年の累積アップ数(当年獲得済みアップ数)を表しています。

例えば私の本日2020年1月1日の獲得済みアップ数は6upとなっています(さきほどクイズで正解、ゲットした)。下図参照。

ケアネット ポイント獲得ポイントとアップはTOPぺージ右上で確認できる

 

悩めるDr
悩めるDr
ケアネットでもポイント集めよう

ケアネットでのポイントの集め方

eディテーリング

医薬品の情報コンテンツです。基本は動画(たまに文書)で薬剤や疾患などの解説動画となっています。

これを最後まで視聴して、いくつかのアンケートに答えることによりアップを獲得できます。

コンテンツは朝9時に更新されます。

Medical Gateway

eディテーリングとあまり内容に違いは感じられないのですが、薬剤などの医学情報コンテンツで最後まで視聴するとアップが獲得できます。

臨床○×クイズ

土日も含めて毎日開催されている臨床○×クイズです。

簡単な解説もついています。過去の問題も見られています。正解率が掲載されていておもしろいかも。正解しないとアップは獲得できません。

正解した場合は下のような表示となります。

正解!おめでとうございます。

6up獲得しました。

Web講演会

医療系情報サイトではおなじみのWeb講演会です。

ケアネットのWeb講演会は比較的高頻度に開催されています。スマホからでも視聴できますよ。

CARENQ(アンケートコーナー)

常設アンケートはありません。アンケートではポイントがゲットできますので募集があった際は積極的に回答したいところですね。締め切りも早い印象があります。

登録メールアドレスにアンケート依頼のメールも来ますのでメールチェックは忘れないようにしましょう。

ボリュームのあるアンケートだと1000ポイント以上もらえることがあります。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
コツコツとポイントを貯めていこう。勉強にもなるよ。

ケアネットキャリアという医師向け求人コンテンツも有する

CareNet.com内には「ケアネットキャリア」という求人コンテンツが含まれており、希望する条件で常勤・非常勤・スポットの求人情報をかんたんに検索できます。

機能的には他の医師向け求人サイトと同等です。

医師向け求人情報については別記事で取り上げていますので参考にしてください。

https://zero-doctor.com/wp/archives/113

具体例;2019年の管理人Dr.ぜろえんのポイント状況

2020年1月1日における獲得ポイントは約16,000ポイントです。

2019年7月に20,000ポイントを変換済みです。1年間で3-4万円相当のポイントをゲットしていることになります。ポイントはAmazonギフト券に変換しており使い勝手もいいので重宝しています。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
1年間でこれくらい貯まるんだね

おまけ;ケアネットの株主優待について

ケアネットは東証マザーズに上場する企業です。

実はケアネットには隠れ株主優待が存在しています。公式サイトに掲載されているので隠れてはいませんが、優待対象が医師であり、認知度は低いでしょう。

なにしろ株主優待の内容は『CareNeTVプレミアム』 の無料視聴権で、一般の方がもらっても特に嬉しくないものです。

CareNeTVプレミアムは普通に加入すると月額5,500円、入会月無料です。

1単元(100株)購入で株主優待で約3か月分が無料になると考えると結構おいしい優待内容ではあります(ただし勉強すればですが)。

現在100株は76,500円

2020年3月31日現在ではコロナ騒動の余波もあり、100株61,700円まで下落しています。

もちろん今後下落する可能性はあるのですがCareNeTVプレミアムに加入したいと考えている先生にはいいタイミングかもしれません。

私は総合内科専門医試験の勉強のために長門流総合内科専門医試験MUST!を見る目的でケアネット株を100株購入しました。

その後売却しましたが若干プラスで売れてよかった。つまりタダでCareNeTVプレミアムを視聴できたということ(完全なる結果論ですが)。

ただし今後の株主優待については未定となっているので今後もこの優待が維持されるかについては不明です。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
医学の勉強にいいツールだね

 

ケアネットの連載企画は面白い

連載企画についてはポイントとは関係ありません。ただ連載企画の内容は医学に限らずバラエティーに富んでおり非常に面白いと思っています。

個人的なおすすめは「自由気ままな整形外科医先生の医師のためのお金の話」と「スキンヘッド脳外科医 Dr. 中島の 新・徒然草」です。

気になった先生方はご一読ください。

Dr.ぜろえん
Dr.ぜろえん
おすすめなので読んでみてください

まとめ

ケアネットの運営するCareNet.comでのポイントの集め方について説明した。

m3 医師 バイト
m3.comは医師が絶対に登録しておくべきおすすめサイト、その3つの理由とは?m3.comは登録無料、ポイ活可、バイト情報が豊富。バイトをしたい先生や転職を考えている先生は必ず見ましょう。インタビュー調査などの変わったバイト情報も出ます。...
メドピア おすすめ ポイント
メドピアは医師が必ず登録すべきおすすめポイントサイト!その理由を解説!医師はMedpeerという医療系情報サイトに登録しましょう。隙間時間でポイ活ができ、医療情報も得られます。今回はメドピアでのポイント集めについて説明しました。...
日経メディカルOnline
【医師が医師におすすめ】日経メディカルOnlineに登録してポイントを貯めよう「日経メディカルOnline」という医療情報サイトでのポイント集めを中心に解説します。医師としての勉強も兼ねてポイントも集められて一石二鳥なので、おすすめです。...
メディカルトリビューン
Medical Tribune(メディカルトリビューン)に登録してポイントを貯めてみようメディカルトリビューン社の運営するメディカルトリビューンウェブにはポイントシステムが存在する。他の医療系ポイントサイトと比較すると少しポイントを得る機会は少ない。...

医師が手っ取り早く稼ぐには「バイト」があります。
けどバイト探すのって面倒くさくないですか?僕たち医師には時間がありません。
できるだけ効率的に、素早く、条件のよい案件を探し出すことが重要です。

そこで現役医師である管理人ぜろえんが、実際に利用して契約にも至った医師向け求人サイトを厳選して7つ紹介します。

この7つのサイトはいずれも無料です。親身にサポートもしてくれます。日本の医師の3人に1人が参加しているサイトもあります。登録しておけば求人案件を探すのに余計な手間や時間を費やさずに済むでしょう。

いい条件で契約して、お金を稼いで、あなただけの良き医師ライフを過ごしましょう!!

今すぐ読んでみる
>>絶対に登録しておくべき医師求人サイト7選